引っ越し 初心者

引っ越しの初心者がするべき見積もりのポイント!

引越し 見積もり

引越し 見積もり 費用

引越し 見積もり 相場

引越し 見積もり 最安値

引越し 見積もり 比較

 

初めての引越しは何をすればいいのかわからず戸惑いますね。
新居が近くの場合と遠くの場合では、引越し方法の選択肢が変わります。

 

・近距離引越しの場合は@引越し業者に依頼する方法 A自分で引越しする方法
・遠距離引越しの場合は@引越し業者に依頼する

 

自分で引越しするには軽トラックのレンタカーを借りて行う人が多いです。
レンタカーのレンタル料は1日7000〜10000円程度ですから安上がりです。
しかし荷物が多い、大きな家財がある場合は手伝ってくれる人がいないと1人で全部行うのは難しいです。

 

引越し業者に依頼する場合は、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し費用を安くするには、複数の引越し業者から見積もりを取ることが不可欠だからです。

 

引越し 見積もり 簡単

 

一括見積もりなら簡単に引越し費用の相場や最安値がわかります。
ぜひご活用くださいね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越の値段はかなり幅があります

比較すると安くなる引っ越し料金

 

この値段は範囲は、日時によって違ってくるとこなのですが、
最も違うのは引越業者によって引越価格が違ってくるところなのです。

 

基本的には引越の値段の出し方は決まっているのですが、
引越業者によってどうしても仕事がしたい日や忙しい日があります。
それによって値引きの値段が違ってくるのです。

 

トラック当たりの売上げの基準が各会社によって決められています。
1日に何カ所もまわって1つ当たりの値段を抑えてくれるところもあります。

 

このため、引越業者によって大きく値段が違ってしまうのです。
あなたが引越したい日に良い条件を出してくれる引越業者がおすすめの業者です。

 

あなたの引越にぴったりの引越業者を見つけるには
たくさんの業者から見積もりを取ることをおすすめします。

 

引越ししするときは比較検討することが一番大切だと思います。そのまま、1社で見積もり依頼するよりもよい条件を得られることがほとんどだと思います。引越業者に連絡するのは大変なので、すこし面倒だと思いますが一括見積の方がかなり簡単なので試してみてください。

 

 

 

引越の一括見積もり

比較して安くしましょう

 

まずはじめに、無料で一括見積もりを取りましょう。
引越業者は多い方が比較していい業者を見つけることができますので、一括見積もりも複数申込みすることをおすすめします。

 

一括見積もりをお願いすると基本的にはメールで見積もりが返ってきます。
そのときの営業担当の印象が良いところと悪いところを絞ってもいいと思いますし、値段が安いところに絞っても良いと思います。
しつこい営業や他社の悪口を言う営業は、いい仕事とは言えませんね。

 

最後は人との繋がりですから、印象のいい人に頼みたいと思うのが人間です。
自分と作業員の窓口になってくれる営業担当は、自分で決めましょう。
この人なら何でも言える!お願いできる!というのは、話をしていればわかるものです。

 

引越業者別満足度ランキングやサービス比較も参考に、納得できる引越業者を選んで下さいね。

 

 

 

 

 

引っ越しの手順

手順を追ってうまく引っ越し

初めての引越はいろいろと不安ですね。
どこの引越業者にお願いすればいいのか、どのくらい費用がかかるのか心配は尽きません。

 

【1番目】

引越にはいくつか手順がありますが、まずは引越する荷物の選別をしましょう。

荷物を@持っていくもの、A売ったり、あげたりするもの、B捨てるものに分けておけば引越に必要な段ボールの量もだいたいわかりますし、見積もりが取りやすくなります。

 

 

【2番目】

次に引越業者を選ぶのですが、もし心に決めた引越業者がないのであれば複数の引越業者から見積もりを取りましょう。

これが引越の基本です。
面倒だな〜と思われた方は、引越し比較サイトなどの一括見積もりサイトをご利用下さい。
見積もりは無料ですし、だいぶ手間が省けます。
しばらくすると、あなたのお住まいの地域に対応できる引越業者から見積もりが出揃いますので、比較してください。
この時点で随分値段に差があると思いますが、とにかく1番安いところにお願いするのか壁の保護(養生)などをしっかりしてくれる安心の大手にするのか、人それぞれ違います。

 

数社からの見積もりの値段を見れば相場もわかりますね。
とにかくもっと安くしたい!なら、平日を狙う、午後便にする、会社の都合に合わせるフリープランや他の人の荷物と一緒に運んでもらうなどいろいろ手段はあります。
多くの方が、土日祝日の朝一番から作業してその日の内に引越を終わらせたいと思っていますので、それを避ければお値段は随分安くなります。
3月、4月は引越業者の繁忙期なので出来ることなら避けたいところです。

 

他社の悪口などで不快な印象だったり、強引に契約させられて段ボールを置いて行かれた!という場合は、キャンセルしても構いません。
キャンセル料は引越日の3日前ならまで取れませんし、段ボールも使わなければ返品可能です。
引越料金の前金や内金は違法なので断って下さいね。
「いいな!」と思った数社に絞って値段交渉し、最終的に1番納得出来た引越業者にお願いしましょう。

 

最終的には訪問見積もりが基本です。

 

概算の見積もりは一括見積もりで値段だけ比較しましょう。
=>引越し比較サイトはこちら

 

 

【3番目】

引越日までに荷物を段ボールに入れておきます。
当然ですが、重い雑誌などは小さい段ボールに衣類などは大きい段ボールに入れましょう。
何を入れたか外からわかるように色分けしたり、記載しておくと後々楽になります。
どの家具をどの部屋に入れるか決めておくと効率的です。
灯油などの危険物は使い切るか抜いておきます。
冷蔵庫は水が出ますので引越前日には空っぽにしてコンセントを抜いておきましょう。
ピアノやペットの引越、エアコンや洗濯機のことは前もって相談しておきましょう。
新居に引越したら早めに荷ほどきしないと、面倒になってきて段ボールのままでいいか〜なんてことになってしまいがちです。

 

 

【4番目】

引越日が決まったら電気、ガス、水道、電話会社などへも引越の連絡をしておき、新居で困らないように。
引越が落ち着いたら早めに市役所で税金や保険証、警察で免許証の訂正などを行います。
銀行やカード類、職場への報告など必要なら行ってください。
最後に友人知人に「引越しました。」とご報告して引越完了です。

 

 

引越しの時期と値段の関係

 

引越しの時期と繁忙期

 

毎年3月は引越し業者の繁忙期です。
綿密に言いますと「2月の終わりから4月の上旬」までが繁忙期なのです。

 

どうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは日本では新学期が4月から始まるために3月に多くの人が一斉に引越しをするからです。

 

長い受験勉強を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期前に一人暮らしを始めたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりするのです。

 

それだけではありません。
日本の多くの企業は全国展開をしており、春と秋に大規模な人事異動を行います。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、3月に転勤や単身赴任をするサラリーマンたちが移動するのです。

 

これに通常業務の引越しも加わるのですから、3月の引越しは大忙しとなるわけです。
繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますが、それでも間に合わない日も。
予約が集中する日は、後から入る予約を受け入れず断ることもあります。

 

もし繁忙期に引越しするなら、準備は早めに行ってくださいね。
繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。