引っ越し 初心者

引っ越しの初心者がするべき見積もりのポイント!

引越し 見積もり

引越し 見積もり 費用

引越し 見積もり 相場

引越し 見積もり 最安値

引越し 見積もり 比較

 

初めての引越しは何をすればいいのかわからず戸惑いますね。
新居が近くの場合と遠くの場合では、引越し方法の選択肢が変わります。

 

・近距離引越しの場合は@引越し業者に依頼する方法 A自分で引越しする方法
・遠距離引越しの場合は@引越し業者に依頼する

 

自分で引越しするには軽トラックのレンタカーを借りて行う人が多いです。
レンタカーのレンタル料は1日7000〜10000円程度ですから安上がりです。
しかし荷物が多い、大きな家財がある場合は手伝ってくれる人がいないと1人で全部行うのは難しいです。

 

引越し業者に依頼する場合は、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し費用を安くするには、複数の引越し業者から見積もりを取ることが不可欠だからです。

 

引越し 見積もり 簡単

 

一括見積もりなら簡単に引越し費用の相場や最安値がわかります。
ぜひご活用くださいね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

引越しの時期と値段の関係

 

引越しの時期と繁忙期

 

毎年3月は引越し業者の繁忙期です。
綿密に言いますと「2月の終わりから4月の上旬」までが繁忙期なのです。

 

どうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは日本では新学期が4月から始まるために3月に多くの人が一斉に引越しをするからです。

 

長い受験勉強を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期前に一人暮らしを始めたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりするのです。

 

それだけではありません。
日本の多くの企業は全国展開をしており、春と秋に大規模な人事異動を行います。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、3月に転勤や単身赴任をするサラリーマンたちが移動するのです。

 

これに通常業務の引越しも加わるのですから、3月の引越しは大忙しとなるわけです。
繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますが、それでも間に合わない日も。
予約が集中する日は、後から入る予約を受け入れず断ることもあります。

 

もし繁忙期に引越しするなら、準備は早めに行ってくださいね。
繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

引っ越しの手順

 

引っ越し 手順

 

おおまかな手順は、このような感じです。

 

新居物件にエレベーターがあるかないのか、廊下はせまくないのか、トラックは近くに停められるのか?などの情報がなければ、引越し料金の正確な金額が決まりません。
ですから新居が決まってから引っ越し業者に見積もりを取ったほうが金額が正確でオススメです。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかりますので、不用品は売る・捨てる・あげるなどして処分しましょう。
荷物を減らしてからの見積もりが良いですね。

 

市外引越しの場合は市町村役場に「転出届」を出しましょう。引っ越し2週間前から出せます。
引越し先が近隣ならいいですが遠方ですと、出し忘れた時に面倒な手続きになるので、必ず引越し前に提出しましょう。

 

電気・ガス・水道は引越し日に止めてもらうように手配し、日割り計算で精算してもらいましょう。
ガスがガス会社立ち合いで元栓を閉める作業があるところもあります。余裕を持って連絡してくださいね。
詳しくは各会社に電話して問い合わせてください。

 

さらに同じ市内なら〇日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておくと無駄がありません。

 

郵便物は転送届を出せば、1年間は新居へ転送することができます。
その間に知人に引越ししましたという連絡をしてください。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。
荷解きはゆっくりしてください。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら「転入届」を、同一市内なら「転居届」を引っ越し2週間以内に提出してください。
選挙、税金など役所からの大事なお知らせががこれで届きます。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから早めに連絡しましょう。

 

 

引越しの際にかかる初期費用とは?

 

引越し 初期費用

 

引っ越しにはいろいろとお金がかかりますが、その中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
契約料にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、次のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用などです。

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ床や壁などを修理するための費用で、一番最初の入居をする前に管理会社に預けるという形で収められます。
部屋を綺麗に使っていて修理の箇所が少なければ、残ったお金は返却されることが多いです。契約書を確認しておきましょう。

 

・礼金で昔からの慣習で大家さんに支払われる費用です。しかし最近は賃貸ビジネスでアパート経営の物件が増えたため、礼金ゼロの物件も増えています。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。法的には〇〇円と決まった額はないので、会社によって金額が異なります。こちらも仲介手数料無料の会社も出てくるようになりました。

 

・家賃2〜3か月分を入居の際に先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。貯金がなければ簡単に引越しできないということですね。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。以前は家賃の滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は家庭環境が複雑で連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。もし火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできないのです。日本の住宅は隣が近くて木造が多いため燃え移る可能性が高く、もらい火でも自己責任となります。自分のために火災保険には加入しましょう。
カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。前住人が良い人という保証はありませんから、防犯のことを考えて入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような費用がかかります。

 

 

引越し業者の行うオプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションがあります。
これらは引越しをする人すべてが必要とするものではないので、必要な人が個別に有料で依頼するものです。
どんなものがあるのでしょう?

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプション依頼の中で多いのは、エアコンの移設なのだそうです。

 

賃貸物件にはエアコンがついていない部屋もまだまだ多く、自分で勝手エアコンを設置した人は新居にも持って行きたいと思いますよね。
しかしエアコンは室外機とも配管でつながっているため、コンセントを抜けば動かせる他の家電とは扱いが全く違います。

 

電器屋に依頼して外してもらい、新居で取り付けてもらう手間と費用がかかります。
引越し業者にエアコンの移設を依頼しておけば同じくらいの費用で、その手間が省けます。

 

ピアノの運搬は専門業者か専門スタッフに依頼した方が良いです。
なぜならピアノは高価で重くて繊細な楽器なので、慎重に運ぶ必要があるからです。
もし破損させると修理費も高いので、ピアノは運ばないという引越し業者もあるくらいです。

 

一括見積もりで「ピアノ」の項目にチェックを入れておくと、ピアノの運送に対応できる業者を選んで探してくれます。

 

 

引越の値段はかなり幅があります

比較すると安くなる引っ越し料金

 

この値段は範囲は、日時によって違ってくるとこなのですが、
最も違うのは引越業者によって引越価格が違ってくるところなのです。

 

基本的には引越の値段の出し方は決まっているのですが、
引越業者によってどうしても仕事がしたい日や忙しい日があります。
それによって値引きの値段が違ってくるのです。

 

トラック当たりの売上げの基準が各会社によって決められています。
1日に何カ所もまわって1つ当たりの値段を抑えてくれるところもあります。

 

このため、引越業者によって大きく値段が違ってしまうのです。
あなたが引越したい日に良い条件を出してくれる引越業者がおすすめの業者です。

 

あなたの引越にぴったりの引越業者を見つけるには
たくさんの業者から見積もりを取ることをおすすめします。

 

引越ししするときは比較検討することが一番大切だと思います。そのまま、1社で見積もり依頼するよりもよい条件を得られることがほとんどだと思います。引越業者に連絡するのは大変なので、すこし面倒だと思いますが一括見積の方がかなり簡単なので試してみてください。

 

 

 

引越の一括見積もり

比較して安くしましょう

 

まずはじめに、無料で一括見積もりを取りましょう。
引越業者は多い方が比較していい業者を見つけることができますので、一括見積もりも複数申込みすることをおすすめします。

 

一括見積もりをお願いすると基本的にはメールで見積もりが返ってきます。
そのときの営業担当の印象が良いところと悪いところを絞ってもいいと思いますし、値段が安いところに絞っても良いと思います。
しつこい営業や他社の悪口を言う営業は、いい仕事とは言えませんね。

 

最後は人との繋がりですから、印象のいい人に頼みたいと思うのが人間です。
自分と作業員の窓口になってくれる営業担当は、自分で決めましょう。
この人なら何でも言える!お願いできる!というのは、話をしていればわかるものです。

 

引越業者別満足度ランキングやサービス比較も参考に、納得できる引越業者を選んで下さいね。